春日大社に矢刺さったシカ=ボーガンか、腹貫通−奈良(時事通信)

 13日午前10時10分ごろ、奈良市春日野町の春日大社の表参道に、腹に矢が刺さったシカがいるのを通行人が発見した。財団法人「奈良の鹿(しか)愛護会」が麻酔をかけて保護、矢を抜き傷の手当てをした。春日大社などがある奈良公園のシカは国の天然記念物に指定されており、県警奈良署は文化財保護法違反容疑で捜査している。
 同署によると、保護されたシカは体長約130センチ、体重約44キロの雌で、推定10歳。刺さっていたのは金属製のボーガンの矢のようなもので、長さ約52センチ、直径約7ミリ。腹に約24センチ刺さって貫通しており、途中で折れ曲がっていた。 

<みんなの党>参院福島で新人擁立(毎日新聞)
<裁判員裁判>「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張(毎日新聞)
桜 高知で開花 平年より13日早く(毎日新聞)
<ハイチ地震>PKO陸自技官、国連事務所を耐震診断(毎日新聞)
東急田園都市線がストップ 週末の帰宅客に影響(産経新聞)
[PR]
# by myjipckbia | 2010-03-18 21:22

「百点満点あり得ない」普天間移設で岡田外相(読売新聞)

 岡田外相は14日、NHKなどの番組で、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題について「百点満点はあり得ない。合格点すれすれでもいいから移転を考えなければならない」と述べた。

 地元の同意が完全に得られなくても、政府として移設先を決めることがあり得るとの考えを示唆したものだ。

 一方、日米の核持ち込みなどの「密約」に関連し、非核三原則を法制化せずに堅持する方針については、「内閣がそれぞれ決めることだ。もし法制化するなら、将来にわたって縛ることが良いのか、議論をしなければいけない」と述べた。

デイサービス運営に地域密着と効率化の視点―在宅協東京支部がセミナー(医療介護CBニュース)
「終息」とは違う―新型インフルで厚労省(医療介護CBニュース)
朝鮮学校除外でスタート=鳩山首相が示唆−高校無償化(時事通信)
民主が近付いてきた…法案賛成で公明代表言明(読売新聞)
日医連 自民への献金凍結(産経新聞)
[PR]
# by myjipckbia | 2010-03-17 07:18

ベスーン容疑者 過去に船舶事故、死者も(産経新聞)

 ベスーン容疑者は、エンジニアからシー・シェパード(SS)に転身した反捕鯨活動家。捕鯨妨害で日本船と衝突したSS抗議船「アディ・ギル号」の船長を務め、「環境を守る戦士」を自称していたという。

  [フォト]第2昭南丸が接岸 シーシェパード船長逮捕劇

 ニュージーランドの地元紙によると、もともと海底油田を発掘するエンジニアで、北海やリビアなどで暮らしていたこともあったが、家を担保に高速艇「アース・レース号」を建造。2007年に、世界一周のイベントに参加した。

 しかし、漁船との衝突事故で死者が出て、多額の補償金を背負うことになったという。昨年からSSに参加し、高速艇も「アディ・ギル号」と名前を変えた。

 妻と十代の2人の娘もおり、妻は同紙に「自分を『環境を守る戦士』に例えている。彼の目的はメディアの関心を得ること」と語った。捕鯨船団関係者によると、歯ブラシなど宿泊道具も携帯して日本船に侵入してきたが、船内では大げさに反捕鯨は訴えず、肉や魚など日本人船員と同じ食事をとっていた。

【関連記事】
再発防止に疑問符、不安消えぬ捕鯨関係者 シー・シェパード逮捕
「気掛かり」と家族 SS、豪政府などに支援求める
ベスーン船長、容疑説明にうなずく シー・シェパード逮捕
シーシェパード逮捕「被害者を逮捕した」とSS代表が非難
「環境テロを許すな」SS到着の晴海埠頭は騒然
20年後、日本はありますか?

採血基準、12年ぶりに改正へ−400ml、再来年度から男性は17歳以上に(医療介護CBニュース)
<訃報>小川シゲさん83歳=中村歌六さんと歌昇さんの母(毎日新聞)
津波避難6.5%=公民館などでの確認数−チリ地震(時事通信)
自民・伊吹氏、「谷垣降ろし」発言に自制求める(産経新聞)
時効撤廃法案を閣議決定=6月施行目指す(時事通信)
[PR]
# by myjipckbia | 2010-03-15 11:54

<桂歌丸さん>症状落ち着き退院 「笑点」収録にも参加へ(毎日新聞)

 肺炎のため先月24日から入院していた落語芸術協会会長の桂歌丸さん(73)が5日、退院した。症状が落ち着いたためという。6日に東京都内で収録される歌丸さん司会の人気番組「笑点」(日本テレビ系)には出演する。

【関連ニュース】
【関連記事】桂歌丸さん:横浜市内の病院に緊急入院 体調不良で
【昨年も入院】桂歌丸:肺気腫に懲りて禁煙宣言! 「笑点」収録後に復帰会見
特集ワイド:笑点 円楽さんにも座布団! 桂歌丸さんが寄せる思い
六代目・円楽披露パーティー:歌丸&談志が来た
質問なるほドリ:落語家の団体はなぜいくつもあるの?

介護福祉士の資格取得方法見直しで意見募集(医療介護CBニュース)
<新幹線>新青森行き「E5系」愛称公募スタート 「はやて」に替え(毎日新聞)
<官房機密費>あり方を見直す考え 改めて示めす…官房長官(毎日新聞)
サイバー犯罪、過去最多=オークション詐欺減少−ショップ、ブログに移行か・警察庁(時事通信)
<COP10>名誉大使にMISIAさん(毎日新聞)
[PR]
# by myjipckbia | 2010-03-11 10:18

予防接種法「遅くても5年で抜本改正」−足立政務官(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の足立信也政務官は3月3日、政策会議後の記者会見で、予防接種法の抜本的改正について「早ければ来年、遅くても5年以内」に実現する方針であることを明らかにした。

 3日の政策会議では、「予防接種法及び新型インフルエンザ予防接種による健康被害の救済等に関する特別措置法の一部を改正する法律案」の概要について、足立政務官らが与党議員に説明した。出席した議員からは法案の内容のほか、肺炎球菌やHPV(ヒトパピローマウイルス)などの疾病を、予防接種法でどう位置付けるかなどについて質疑があったという。

 予防接種法について足立政務官は、厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会のメンバー全員が「抜本改正に非常に前向きだ」と述べた上で、「国民的な議論にどのくらいの時間が必要かが重要だが、(改正実現は)早ければ来年、遅くても5年以内」と話した。


【関連記事】
「厚労省は新型インフルへの対応の総括を」―黒岩氏
予防接種法改正に向け1次提言まとめる―予防接種部会
「高齢者限定規定」から新型インフルを除外へ―予防接種法
臨時接種の新類型創設へ―インフル対策で予防接種部会
新たな新型インフルに予防接種法で対応―厚労省方針

<雑記帳>密室政治解消?市長面会室ガラス張りに 南相馬市(毎日新聞)
生き埋め 工事中1人死亡 岐阜・各務原 (毎日新聞)
<春の陽気>各地で気温20度超える 南から暖かい風が入り(毎日新聞)
坂出3人殺害、遺族が介護資格…「人の助けに」(読売新聞)
<日本兵情報>厚労相が全面公表へ 太平洋戦争戦死・不明者(毎日新聞)
[PR]
# by myjipckbia | 2010-03-09 19:28